わたしたちのこと

「丁寧に手のぬくもりを伝える」ことを大切にする夫婦二人三脚のショコラトリーです。
茨城県の旧新治村(土浦市)の工房と三輪自転車での行商で「手の届く範囲の小さな商い」を営んでいます。

のんびりくらし

「自分たちの手のひらにのる分だけの商品を、しっかり心をこめて作ろう」と決めています。
手に持ちきれないほどのたくさんの種類を作らないで、「テリーヌショコラ」と「タブレットショコラ」に絞って心とぬくもりをこめて作っています。『のんびり』じっくり手を動かして『くらし』と向かいあって手仕事を楽しんでいきます。

わたしたち夫婦のこと

夫婦ともに古いものに愛着をもつため、出会いを機に吉祥寺から高円寺の築40年超えのアパートに引っ越し。以来、古き良きものに囲まれて不便を楽しむことが生きがいに。

滝川真二(夫)
茨城県土浦市出身。ショコラティエで革作家(休業中)。某大手サービス業の予約センターでマネジメント職に就いていたが、吉祥寺在住時に出会ったチョコレートと自転車での小さな商いに魅了され開業を決意。

滝川美瑛(妻)
群馬県高崎市出身。印刷物の作成。絵を描く。ホームページ運営。油絵学科卒で絵を描くこととおいしいものが好き。人見知りなので、お客様が来ると緊張しておろおろしてしまうけど楽しく店番しています。

お店のこと

お店は、12年前まで新治村だった土浦市という茨城県の地方都市にあります。みかんの栽培の北限、りんご栽培の南限にあたる筑波山麓の南に位置していて、お隣りの旧八郷町(石岡市)とともに、梨・ぶどう・栗・柿が特産でイチゴ農園も多く、果物狩りを楽しみにたくさんの方がいらっしゃる土地です。
そんな地方都市と農村地帯の狭間の小さな隠れ家。細い路地の奥にあるまさに秘密基地のようなチョコレート専門店です。

ショコラのこと

見た目の華やかさより、ぬくもりを伝えていきたいと考えて地味でも芯が通ったショコラを作っています。
この秘密基地を訪れた方だけが知っているちょっと自慢の手土産として愛されるようなショコラおやつにゆっくりゆっくり育てていきたいと思います。